2007年04月11日

松井周 サンプル@ 「通過」

また冬の更新が滞ってしまいました。
4月だよもう、、、。

再開1回目は、劇団「青年団」所属の役者・劇作家・演出家である「松井周」に関してです。
以下、ですます調から、である調へ切り替え。


青年団の松井周が、劇作家、演出家として4作目の作品、
そして自前の集団「サンプル」の第一弾作品として
「シフト」
を発表した。前作「地下室」にも増しての好評を博してる様で、
まずはめでたい。

松井周は、大学劇研時代の一年後輩で、同時期の劇研関係者には他にも小劇場の世界に留まる人もいるが、サインを貰っといて将来真に価値が出るのはこの男くらいのものだ。

「青年団」という小劇場界の最前衛に10年もの間踏みとどまった上に、
「ポスト青年団」を標榜する、なぞと言う狂気の沙汰を実践しておる訳で、羨ましくねたましく、そして誇らしい後輩なのであります。

これまで何度か「ブログに劇評書くわ」とか言いながら、一遍も書いてないのは、偏に俺の怠惰に他ならぬ訳で、この場を借りて深くお詫び申し上げる次第。
ただ、言い訳させて頂ければ、過去にこのブログで、
「知り合いのバンドについて昔話を書いたら怒られて記事削除」の憂き目に会ったりしており、極力第三者として書かねばならぬと思うとメンドクサくなってしまう、という事があったのだ。

なので、今回は端から知り合いである事を明示した上で、昔話も交えて記事を書いてみようと思う。その上で本人にチェックを入れてもらうことにしよう。
そして出来れば、2作目「ワールドプレミア」について思い出せる範囲で書いてみたい。



まず、これまでの松井作品に関するおさらい。
posted by めたろう at 23:19| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。