2007年05月17日

松井周 サンプル A「ワールドプレミア」

うーむ。前回から1ヶ月経過、、、、。

とりあえず「松井周」2回目行ってみます。

途中まで、、、。


デビュー作で劇作家協会新人戯曲賞ノミネートとなった「通過」に続き、
二作目「ワールドプレミア」も連続してノミネートされた。

ところが、この作品が相当な曲者であった。
というても二年も前の作品なので、内容殆ど忘れてしまったので、
当時「一行レビュー」に載せたのを読み返して、手がかりにしてみよう。

「うーん。不気味?不安?不条理?文章や映像でやれば比較的簡単な内容だから安易との批判も出るだろう。一幕物演劇でやったのがミソ、なんだが、需要があるかっつうと、、、。新し物好きは観た方が良いかもしれんが、客に不親切なのは間違いない。」

なんか随分キツい書き方してるな。
その他の作品へはどうだろう?

「通過」
良い例えではないが、Drエクアドル的世界を青年団のフォーマットにのせ、客の退路を絶つべく感情移入しづらく作られており、嫌な気分のまま放り出されるリアル系の問題作。これから見に行く者は、下記の他の感想を踏まえ自己責任にて判断せよ。

「地下室」
処女作「通過」の続編あるいはVer.up的作品。役者の生理に譲った分、見易さ、判り易さ、まとまり、UP。但し、内容のエゲツなさは相変わらずで観客を選ぶ。世間の「俗」のありがたみがわかるお話。

「シフト」
「フェイク」が今後のテーマである様だが、となると青年団の強固な「リアル形成力」との対決がいよいよ課題となるだろう。今回は古屋さんを初めとするモノローグ群が笑いを誘い、客を幻惑できたと思う。一方物神論的なテーマが掘り下げ切れなかったのは課題。

上記の内、「地下室」が星4つ。「ワールドプレミア」「シフト」を星3つ。「通過」の時は「感想」にして逃げておる。我ながらチキンな事である。

一行レビューで上記を検索して再確認できたが、「ワールドプレミア」だけが他の作品の半分程しか寄稿がなく、やはり皆感想を書きにくい作品だった事が伺える。

俺自身の中でも「ワールドプレミア」は当初評価が低かった。
とても野心的な作品なのだろうとは思ったが、寓話的なスタイルや、感情移入を拒むような登場人物達等、もともと反倫理的なカラーと合わせて、あまりにも観客を突き放す作り方であり、「この方向は行き詰まる」と批判した記憶がある。

その後、「地下室」では処女作をグレードUPした内容で好評を博した。
そして最新作「シフト」なのだが、ここで再び、「ワールドプレミア」で登場した要素を部分的に再登場させ、今度はうまく着地できた、、、と言うのが俺の見立てである。

よって、今となっては実は「ワールドプレミア」が4作品中の最重要作品だと思われるのだ。



ワールドプレミア 一人称問題
posted by めたろう at 02:46| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。