2007年09月26日

サンプル「カロリーの消費」A予告

実は、前回の記事の後、23日に再度観に行ってきた。
前回かなり否定的な記事を書いたわけだが、
他のブログを読んだり、
それから、「ワールドプレミア」を通じて書こうとしていた事柄から類推するに、
やはりこの作品は、とても重要な、
軽視してはいけない作品ではないか、と思えてきたからだ。

更に松井がブログにおいて、
公演の後半において修正を加えた、と予告したこともあって、
どうしても気になり、
もう一度行った次第である。

腰を据えて書く時間がない。まずはメモから。

・前回と比して、特に前半のテンポが上がり、
リアリズム系から、より戯画化された世界観に寄った。
スラップスティックといっても良いリズム感。

・本来は、登場人物たちの現代的な邪悪さを強調する余韻の様なものがシーンごとにあり、客の嫌悪感を呼ぶ効果があったが、導入から重く、冗長な感があった。この余韻をだいぶ切り捨て、前のシーンに噛む位のテンポでシーン切替を行った結果、特に初心者〜中級者は、入り込みやすくなったと思われる。

・その代わり、何が起きているかの細部の情報が見え難くなったかと類推される。結果、中盤の抽象シーンの読解がより難しくなったきらいはあるかと思われるが、目をつぶって良い問題点だと考える。

・上記を補足する為に、キーになる台詞を強調する補正が行われたものと思われる。キーの台詞では、かなり笑いの反応が強かった。
客の反応が笑いに流れるのは作り手の本意ではないだろうが、
元の形のままではあまりにも食べ辛かった筈で、
止むを得ないものと考える。

後程、劇場と舞台装置について。


posted by めたろう at 12:16| 埼玉 ☁| Comment(35) | TrackBack(4) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

サンプル 「カロリーの消費」参考記事

これから続きの記事を書くにあたって、
非常に興味深いコラムを発見したので引用しておく。

「過去最大となった「東京ゲームショウ」で気付いた楽しい謎かけ」
(日経ITプラス 新 清士(しん きよし)氏)
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITew000021092007

上記のコラム中で最も象徴的なのは以下の一節。

「世界には、利用方法の違い、別々の「物語」を持った平衡世界がたくさん生まれている。私自身、永遠に知ることのないままで終わる、魅力的な世界もすでに数多く存在しているであろう。」
posted by めたろう at 18:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

サンプル「カロリーの消費」

えー、前回から結局4ヶ月放置!
だらしの無い事であります!
更新出来ぬまま、とうとう松井周の新作が上演開始となってしまいました!

サンプル02 「カロリーの消費」
http://www.samplenet.org/yotei3.htm

なんと2週公演。
今週末も公演してるので、是非。

とお奨めしようと思ってたのだが、、、、。

決して出来が悪い訳では無い!
、、、しかしまたぞろ客を選ぶ作品になっていたのである。
しかも今回はハードル高いぞーーー。

@ポスト「青年団」と言われて何の事かわかる方
Aそういう事に興味のある方
Bチェルフィッシュ・ポツドール・ハイバイとか興味のある方
Cベケットとか好きな方
Dとにかく小劇場がキテルらしいので、青田買いをしたい方
E青年団以降のリアリズム系フォローワーと毛色の違う事してる新人はおらんのかい!と言う方

という様な、かなりの好事家にはお奨めできますが、
フツーにお芝居を楽しみたい方には不向きな作品に思われます。
明らかにヤリスギ。

「ワールドプレミア」を最重要作品、と振っておいて手の平返しなんであるが、
いざ、エンタテイメントや批評しやすい作品からここまで飛躍されてみると、頭を抱える事になるのである。

一行レビューの方では
http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/itigyo/itigyo.cgi

「物語である必要性が後退した代わりに不条理性を獲得したのでコントのが良いのでは?」
との意見が出ていて、ワシもソー思うのであるが。

今回意図された実験の一つには、
「時間経過の軽視」とでも言うべきものがありまして。

青年団以降、一幕物、というか、舞台が一定の場所に固定されるスタイルの芝居が隆盛となっておるわけですが、
この手の芝居の重要な要素に、
「時間の経過」というのがあるんでございます。

ある場所に観客席を定点カメラとして設置し、
観客は、直線的な時間の経過によって変化する、
舞台上の世界を観察する。
この「観察する」スタイルが、今日の主流、と言っても宜しいのではないかいなと。(いやそんなに芝居見に行って無いんだけどね)

で、前回の「シフト」においては、まだこの一幕的な「定点」の枠は外されていなかった訳であります。
土俵を思わせる、円形に区切られた中央の舞台があって、
役者の出入りや、モノを使った演出で、場面の切替は表現される訳ですが、観客の視点は基本的に中央から動かない。
更に、場面の切替によって、順送りに時間が経過してゆき、
登場人物たちが変化して行く事になります。

(つづく)
posted by めたろう at 21:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。