2007年09月26日

サンプル「カロリーの消費」A予告

実は、前回の記事の後、23日に再度観に行ってきた。
前回かなり否定的な記事を書いたわけだが、
他のブログを読んだり、
それから、「ワールドプレミア」を通じて書こうとしていた事柄から類推するに、
やはりこの作品は、とても重要な、
軽視してはいけない作品ではないか、と思えてきたからだ。

更に松井がブログにおいて、
公演の後半において修正を加えた、と予告したこともあって、
どうしても気になり、
もう一度行った次第である。

腰を据えて書く時間がない。まずはメモから。

・前回と比して、特に前半のテンポが上がり、
リアリズム系から、より戯画化された世界観に寄った。
スラップスティックといっても良いリズム感。

・本来は、登場人物たちの現代的な邪悪さを強調する余韻の様なものがシーンごとにあり、客の嫌悪感を呼ぶ効果があったが、導入から重く、冗長な感があった。この余韻をだいぶ切り捨て、前のシーンに噛む位のテンポでシーン切替を行った結果、特に初心者〜中級者は、入り込みやすくなったと思われる。

・その代わり、何が起きているかの細部の情報が見え難くなったかと類推される。結果、中盤の抽象シーンの読解がより難しくなったきらいはあるかと思われるが、目をつぶって良い問題点だと考える。

・上記を補足する為に、キーになる台詞を強調する補正が行われたものと思われる。キーの台詞では、かなり笑いの反応が強かった。
客の反応が笑いに流れるのは作り手の本意ではないだろうが、
元の形のままではあまりにも食べ辛かった筈で、
止むを得ないものと考える。

後程、劇場と舞台装置について。


posted by めたろう at 12:16| 埼玉 ☁| Comment(35) | TrackBack(4) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。