2005年02月12日

Oi−SCALE 「モデルガン」A・Bバージョン

先週の土曜日曜は、偶然同じ芝居に、別ルートの知り合いが2名でて、しかもトリプルキャストの別チームに分かれていた為、二日連続して同じ話の別バージョンをみる事に。

Oi−SCALE 「モデルガン」A・Bバージョン
http://www.oi-scale.com/model-gun/model_fs.html

音響、照明などに凝りまくり、演劇にしか出来ない事を追求した実験作で、俺としては好意をもったものの、内容のダークさ、そして台詞で社会への不満を正面切って言ってしまうような部分にはやはり抵抗を覚えた。
かなり評価は割れたようだ。

一行レビュー
http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/itigyo/itigyo.cgi
で検索いただきたい。

以下はAチーム側に出ていた知り合いに宛てた感想の要約。
コレだけでは判りにくいかもしれんが、補足する気なし。


なんというか、あの芝居は相当に役者に寄りかかってる作り方をしてたと思います。
逆に、多少役者が暴れても、お話に取り込める仕組みになっていた様です。
BチームのNさん(もう一人の知り合い)は、ありゃ完全に主役でしたね。やろうと思えば、世界観をのっとれる位の柔軟性があったみたい。
そのくらいAチームとBチームは別作品になっていたと思います。
補完しあう部分より差異のが大きかったんじゃないかな。
Cチーム観たかったけど、なんか一行レビューでの叩かれ方がひどいので、想像だけしていた方が良さそうだね。林さん本人がでたというのはホント?作者本人のフォローが必要なレベルだったとすれば、実験作やるのも楽じゃないってことなんでしょねぇ。

貴方の役は、あの話の外側に世界を拡張する役になってました。人の悪意を触発するにしても、なんか過激派みたいな、リアルな組織があるのかと想像してた。
Bチームの外人の娘が同じ役やったのを見て、初めて死神的な彼岸の存在なのだと気がついた。
Bチームの場合は、あの話の世界観に収斂するんだけど、Aチームの場合は「描かれざる」サイドストーリーになってるんだよね。
なので、Bチームの方がまとまった話にはなってるけど、話の奥行きは、ブラインドの多い実験作のAチームの方が深く感じられた。
だから、貴方も外部因子としての役割は十二分に果たしていたのでは無いでしょうか。
posted by めたろう at 23:43| 埼玉 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1919440

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。