2005年04月19日

クロカミショウネン18「サーモン大使館」

最近、再び知り合い以外の芝居を見に行く機会が増えたが、この「クロカミショウネン18」もその一つ。と言ってもそもそもは知り合いが客演した前々回公演「レンタル。」を見に行って、徹底的に構成されたシチュエーションコメディの面白さに魅せられたからであるのだが。

クロカミショウネン18HP
http://www.ne.jp/asahi/ket/nappu/ks18

ここの特徴は
・複数の出入り口を持つ部屋が舞台で出入り口の外にそれぞれ(架空の)空間があって、事件が起きる場合がある
・ホストになるグループ(仕掛け側)が、複数の別グループとやり取りをする。それぞれが事件、事情をもって登場する。
・状況的に追い詰められた人々(主にホストグループ)が、仕掛け人となり、複数のグループを同時に騙す為のイベント(葬式、記者会見、結納式等、式次第のあるイベント)を行う
・イベントにおいて一人二役や、実際の役割からズレた役回りを演じたりする
・例えば結納式で、グループAからは娘の結婚相手、グループBからは娘の兄で付き添い、といった2つ以上の役割を一人の人間が演じたりする「騙し」がある

基本的には「グランドホテル方式」になるのだろうか。そこに毎回コンゲーム(詐欺)の要素が入るのである。
導入から伏線が張られ、状況的にがんじがらめのホスト側が、強引にイベントを仕掛けて、どうにか状況をごまかし乗り切ろうと奮闘するのが見どころ。
「そんな馬鹿な」と突っ込みつつ笑わざるを得ないようなあの手この手で状況を乗り切ってゆく。

今回の「サーモン大使館」は彼らの2作目の再演であり、正直言って前回「モザイク。」前々回「レンタル。」よりは、まだ構成は粗いところがある。
その分、日本の大使館(外務省)への批評や、大使館内の人間関係、小ネタ等、より間口の広い笑いの要素がちりばめられている。が、その分そのすべてが中途半端にも感じられる。
その後の作品で、より構成の面白さに着眼した方向にシフトしていった事が伺える。

この劇団は、会場の王子小劇場のつながりが深く、これまでの7作品すべて王子小劇場で上演されてきた。上記シチュエーションコメディの成立も、広い空間にしっかりした舞台美術を作る事で支えられてきたのだと思う。
今回、王子小劇場を卒業する事になったとの事で、卒業公演の位置づけらしいが、今後は劇場も変わり、芝居の方向性も変わってくるだろうか。

次回作品で、今後も見に行くかが決まってくるだろう。



posted by めたろう at 21:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。