2005年05月23日

5/2 飯田市入り。

ようやく、GW旅行記続き。

5/2は水上湯檜曽温泉から、長野県飯田までの長丁場の移動日となった。
朝9時過ぎに宿を出て、飯田入りが16時前だから6時間以上掛かったことになる。
「あさま」「ワイドビュー信濃」など特急を乗り継ぐ。事前指定席予約していたが、いずれも自由席は余裕があり、勇み足を悔やむ。といっても¥1000位の違いだったかな?
昼過ぎまでに飯田線に入ったが、そっから長かったなぁ。
まぁ天気良かったし、のんびりした鈍行の旅を楽しめたから良いのだが。

16時前に飯田入り。あてずっぽうにホテルに向かう。長野県は北部中部は何度も行ったが南部の町は初めて。町の雰囲気が、実家の静岡県富士宮に似ていて驚く。中部圏だからなのかなぁ。

何か、古道具屋で飯を食わせる、みたいな変な雰囲気の店発見。腹が減っていたので入ってみる。おっさん2人。店主と常連らしい。
店主、やたらと俺を持ち上げ、店の変さ加減を自慢し、飯田の歴史を語り、大火で以降没落したのだ、と嘆いてみせる(といっても大火から50年近く経ってるのに)。
また、飯田の歴史から、「飯田の女性は、よそ者の男性に親切だ。外部の優秀な血を取り入れる為だ」と、真顔で繰り返し語る。

その後ホテルにチェックイン。女将が応対してくれたが、それこそかつては結構な美女であったろう品の良いおばあさんであった。飯田は女性の偏差値が高いのかも、と思い始める。

LIVE会場の「飯田キャンバス」はホテルから500Mも離れていなかった。
開場2時間程前であったが、入口付近には、おそらく倉橋ヨエコの追っかけと見られるおっさんがウロウロしていた。
明らかに俺と同タイプであり、目があって気まずくなりその場を去る。入口まで倉橋女史の練習のピアノが漏れ聞こえてお得な気分。

「飯田キャンバス」のすぐ前に動物園があり、ビックリ。
「りんご並木通り」というレンガ畳の大通りは、車も通るが歩行者優先という、ちょっと信じ難いものであったが、本当に車が歩行者に遠慮して通行していて驚かされる。ある種「町の民度の高さ」のようなものを感じる。

上記通りの中程に、倉を改造した、地域のアンテナショップのようなものがあって、カフェが併設されていた為、ケーキセット頼んで時間を潰す。
posted by めたろう at 22:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。