2005年06月18日

駄目映画連続鑑賞@「オペレッタ狸御殿」

わはは。久しぶりに2本連続でスカ映画を見てしもうた。
シネコンへ行く交通費惜しさに、2本連続で見るのは良くやるのだが、考え直した方がよいかもな、、、。

まずは「オペレッタ狸御殿」から。


俺は、狸御殿シリーズについては未見。かつて美空ひばり等の主演した、時代劇ミュージカルなりオペレッタというジャンルがあったと伝聞はしている。
鈴木清順監督作品も未見。(役者としての鈴木清順さんはNHKの長編ドラマ等で拝見。大好きなキャラクターです)

なので、貶すのはフェアじゃないかもしれない。が。鑑賞していて何となく企画当初のイメージが想定できる為、どうも「監督のイメージをキャスト・スタッフが共有しなかった失敗作」に見える。こう書くと監督に問題が無いようだが、もちろん監督の責任も大きかろう。
事前のNETでの評で、「マトモなストーリーなどは望むべくも無いので、無心にミュージカルシーンを楽しむと良い」といったものがあったのだが、ストーリー以外の破綻した部分も大きく、どうもその破綻が意図的でなく結果の様に見えるのだ。
監督が意図し、作り手達や観客に示すべき、「その作品の枠組み」、ルールが見えないのだ。

問題@:実景の扱い
本作品がミュージカルであり、舞台劇を枠組みの基礎に置いている事は、「狸御殿」のシーンや、主役2人のラブシーン、歌のシーンの殆どが舞台劇風セットまたは、書割の様に処理されたCGが多用される事から窺い知れる。
ところが、導入部や終盤を中心にかなりの頻度で実景が登場するのだが、違和感ありまくり。
どういう時に実景になり、どういう時に舞台風になるのか、ルールが決まっていない。個人的には、実景は一切排除するか、例えば悪役の「安土桃山」の関連シーンのみ実景とする等の限定が必要だったと考える。

問題Aキャスト・スタッフ・観客の持つイメージ、枠組みの欠落
かつての「狸御殿」シリーズには、
第一に「時代劇」という枠組みがあり、キャスト・スタッフ、および観客が、基礎教養としてこれを理解し、色んなジャンルの時代劇を見ているという前提があった。
これに加えて第二に「オペレッタ(ミュージカル)という要素が加わった。これに関してはキャストの歌唱力と言うのが今回の比では無く高度であったはずで、主演が美空ひばりであるなら音楽的な魅力は非常に大きかったはず。そして観客側も、ミュージカルに対して今日我々が覚える違和感も少なかったはずだ。
第三に「狸御殿」という童話風の世界観を、時代劇ミュージカルのための方便として受け入れる
、といった幾層もの前提構造があった。
これらを、今日のキャスト・スタッフ、および観客に対して、いきなり受け入れろと言うは無理難題と言うものだ。
「狸御殿」シリーズという独特の世界観をある程度丁寧に説明しない事には、ただただ突飛な映像の羅列にしか見えなくなってしまう。

(「真夜中の弥次さん喜多さん」や、マツケンサンバUとの比較等、書きたい事はまだ多いが、今夜は此処まで)

posted by めたろう at 01:40| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4432449

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。