2005年02月15日

庭園美術館での「日本のジュエリー展」

詳細忘れ始めているが、、、。4〜6日の上京レポート続き。

5日夜に一泊して、翌日6日は母校明治学院大の周辺をうろうろと散歩。マスクをつけコートでうろつく姿は変質者。
品川駅から高輪までに、高層マンションの増えた事にも驚いたが、目黒通りを目黒駅まで歩いて、マンションがずらりと壁を作る変貌ぶりに唖然呆然。
10年の間に地下鉄が開業し、不景気そっちのけのマンション建設ラッシュ、という事か。
金持ちはいるところにはいるのだなぁ。己を振り返り凹む。

それでも自然観察園の辺りまで行くと、昔の面影が残っていてホッと一息。
隣の庭園美術館に寄ってみる。

日本のジュエリー100年展
http://www.teien-art-museum.ne.jp/exhibition/jewellery/index.html

元浅香宮邸である庭園美術館だけあって、ジュエリーの歴史も皇室とのつながりを軸に語られる。
日本の装身具は、宝石というより細工物中心なので、工芸品として楽しく見る事が出来る。
虫とか動物モチーフが特に楽しい。

後、ジュエリーを見につける美人画の展示が多かったのだが、当時のお嬢様コンテストの一位が、結構今風にカワイかったのが印象的だった。

しかし一番良かったのは、元浅香宮邸の、南向きの廊下というかサンルームであった。
椅子が何脚か置かれで休憩自由。
暖かな午後の陽だまりで、10数分に渡り昼寝してしまったダメな俺、、、、、。
posted by めたろう at 23:27| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

仮面ライダー響鬼

わははは。わはははははは。すげぇ。
放送前から、製作者の力の入れ様が尋常でなく、ライダーのデザインや和風コンセプトが非常に期待できたので、昨日TVチューナー買って来て、数ヶ月ぶりにTV視聴環境を整え第1回を迎えたわけだが、、、、、、。
ミュージカルやってるーーーーーーーーーー!ていうか全編予告編じゃねーか!。

結論から言えば、断固支持!


続きを読む
posted by めたろう at 09:57| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

グランマ・モーゼス展に行ってきた。

知り合いの掲示板に書込み分を修正、転載

東急文化村ミュージアム「グランマ・モーゼス展」
http://www.bunkamura.co.jp/museum/index.html

 いや行っといて正解でした。
 以前見に行った、東郷青児美術館の所蔵品とは殆どかぶらず、新たな発見がありました。
 上記美術館のコレクションは、淡い色調のものが多い傾向があるのですが、今回の展示品には、緑や(土や木の)茶色、空の青など、彩度の高いパキっとした感じの作品や、逆に、しぶーい色に褪せたアイボリーの雪景色、そして人物等に多用される原色に近い赤や黒など、色味の楽しさを味わえる作品が多かったです。
 
 例の、注文点数に足りなくて2つに切ってしまった「シェナンドア渓谷」2部作も見ました。
(家族がある人物から10点で注文を受けていたのが伝わらず、グランマ・モーゼスは9点のみ 絵を準備していた。事情を知ったモーゼスばあちゃんは大判のキャンバスで描いていた風景画を2つに割ってトリミングしてしまい、帳尻を合わせた。という、彼女の絵に対する淡白な態度を示す挿話があるのだ)
 エガッターーーーーーー。ていうか、欲しーーーーーーーーーい。
 一体全体、どのくらい高いものなんだろう。
 今回展示の65点中40点迄が個人所有なんですが、どんなうちに飾られるのでしょう。
(いや何となく皆、金庫に仕舞ったりはしないような気がするので)
 後、クリスマスシリーズ中の「来年までさようなら」も、
 青い夜に雪が降ってる素敵な絵で欲しーーーーーーーーい。

うーむ来週もう一回行こうかな。
posted by めたろう at 00:39| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。