2007年09月26日

サンプル「カロリーの消費」A予告

実は、前回の記事の後、23日に再度観に行ってきた。
前回かなり否定的な記事を書いたわけだが、
他のブログを読んだり、
それから、「ワールドプレミア」を通じて書こうとしていた事柄から類推するに、
やはりこの作品は、とても重要な、
軽視してはいけない作品ではないか、と思えてきたからだ。

更に松井がブログにおいて、
公演の後半において修正を加えた、と予告したこともあって、
どうしても気になり、
もう一度行った次第である。

腰を据えて書く時間がない。まずはメモから。

・前回と比して、特に前半のテンポが上がり、
リアリズム系から、より戯画化された世界観に寄った。
スラップスティックといっても良いリズム感。

・本来は、登場人物たちの現代的な邪悪さを強調する余韻の様なものがシーンごとにあり、客の嫌悪感を呼ぶ効果があったが、導入から重く、冗長な感があった。この余韻をだいぶ切り捨て、前のシーンに噛む位のテンポでシーン切替を行った結果、特に初心者〜中級者は、入り込みやすくなったと思われる。

・その代わり、何が起きているかの細部の情報が見え難くなったかと類推される。結果、中盤の抽象シーンの読解がより難しくなったきらいはあるかと思われるが、目をつぶって良い問題点だと考える。

・上記を補足する為に、キーになる台詞を強調する補正が行われたものと思われる。キーの台詞では、かなり笑いの反応が強かった。
客の反応が笑いに流れるのは作り手の本意ではないだろうが、
元の形のままではあまりにも食べ辛かった筈で、
止むを得ないものと考える。

後程、劇場と舞台装置について。


posted by めたろう at 12:16| 埼玉 ☁| Comment(35) | TrackBack(4) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

サンプル 「カロリーの消費」参考記事

これから続きの記事を書くにあたって、
非常に興味深いコラムを発見したので引用しておく。

「過去最大となった「東京ゲームショウ」で気付いた楽しい謎かけ」
(日経ITプラス 新 清士(しん きよし)氏)
http://it.nikkei.co.jp/digital/news/index.aspx?n=MMITew000021092007

上記のコラム中で最も象徴的なのは以下の一節。

「世界には、利用方法の違い、別々の「物語」を持った平衡世界がたくさん生まれている。私自身、永遠に知ることのないままで終わる、魅力的な世界もすでに数多く存在しているであろう。」
posted by めたろう at 18:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

サンプル「カロリーの消費」

えー、前回から結局4ヶ月放置!
だらしの無い事であります!
更新出来ぬまま、とうとう松井周の新作が上演開始となってしまいました!

サンプル02 「カロリーの消費」
http://www.samplenet.org/yotei3.htm

なんと2週公演。
今週末も公演してるので、是非。

とお奨めしようと思ってたのだが、、、、。

決して出来が悪い訳では無い!
、、、しかしまたぞろ客を選ぶ作品になっていたのである。
しかも今回はハードル高いぞーーー。

@ポスト「青年団」と言われて何の事かわかる方
Aそういう事に興味のある方
Bチェルフィッシュ・ポツドール・ハイバイとか興味のある方
Cベケットとか好きな方
Dとにかく小劇場がキテルらしいので、青田買いをしたい方
E青年団以降のリアリズム系フォローワーと毛色の違う事してる新人はおらんのかい!と言う方

という様な、かなりの好事家にはお奨めできますが、
フツーにお芝居を楽しみたい方には不向きな作品に思われます。
明らかにヤリスギ。

「ワールドプレミア」を最重要作品、と振っておいて手の平返しなんであるが、
いざ、エンタテイメントや批評しやすい作品からここまで飛躍されてみると、頭を抱える事になるのである。

一行レビューの方では
http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/itigyo/itigyo.cgi

「物語である必要性が後退した代わりに不条理性を獲得したのでコントのが良いのでは?」
との意見が出ていて、ワシもソー思うのであるが。

今回意図された実験の一つには、
「時間経過の軽視」とでも言うべきものがありまして。

青年団以降、一幕物、というか、舞台が一定の場所に固定されるスタイルの芝居が隆盛となっておるわけですが、
この手の芝居の重要な要素に、
「時間の経過」というのがあるんでございます。

ある場所に観客席を定点カメラとして設置し、
観客は、直線的な時間の経過によって変化する、
舞台上の世界を観察する。
この「観察する」スタイルが、今日の主流、と言っても宜しいのではないかいなと。(いやそんなに芝居見に行って無いんだけどね)

で、前回の「シフト」においては、まだこの一幕的な「定点」の枠は外されていなかった訳であります。
土俵を思わせる、円形に区切られた中央の舞台があって、
役者の出入りや、モノを使った演出で、場面の切替は表現される訳ですが、観客の視点は基本的に中央から動かない。
更に、場面の切替によって、順送りに時間が経過してゆき、
登場人物たちが変化して行く事になります。

(つづく)
posted by めたろう at 21:08| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

松井周 サンプル A「ワールドプレミア」

うーむ。前回から1ヶ月経過、、、、。

とりあえず「松井周」2回目行ってみます。

途中まで、、、。


デビュー作で劇作家協会新人戯曲賞ノミネートとなった「通過」に続き、
二作目「ワールドプレミア」も連続してノミネートされた。

ところが、この作品が相当な曲者であった。
というても二年も前の作品なので、内容殆ど忘れてしまったので、
当時「一行レビュー」に載せたのを読み返して、手がかりにしてみよう。

「うーん。不気味?不安?不条理?文章や映像でやれば比較的簡単な内容だから安易との批判も出るだろう。一幕物演劇でやったのがミソ、なんだが、需要があるかっつうと、、、。新し物好きは観た方が良いかもしれんが、客に不親切なのは間違いない。」

なんか随分キツい書き方してるな。
その他の作品へはどうだろう?

「通過」
良い例えではないが、Drエクアドル的世界を青年団のフォーマットにのせ、客の退路を絶つべく感情移入しづらく作られており、嫌な気分のまま放り出されるリアル系の問題作。これから見に行く者は、下記の他の感想を踏まえ自己責任にて判断せよ。

「地下室」
処女作「通過」の続編あるいはVer.up的作品。役者の生理に譲った分、見易さ、判り易さ、まとまり、UP。但し、内容のエゲツなさは相変わらずで観客を選ぶ。世間の「俗」のありがたみがわかるお話。

「シフト」
「フェイク」が今後のテーマである様だが、となると青年団の強固な「リアル形成力」との対決がいよいよ課題となるだろう。今回は古屋さんを初めとするモノローグ群が笑いを誘い、客を幻惑できたと思う。一方物神論的なテーマが掘り下げ切れなかったのは課題。

上記の内、「地下室」が星4つ。「ワールドプレミア」「シフト」を星3つ。「通過」の時は「感想」にして逃げておる。我ながらチキンな事である。

一行レビューで上記を検索して再確認できたが、「ワールドプレミア」だけが他の作品の半分程しか寄稿がなく、やはり皆感想を書きにくい作品だった事が伺える。

俺自身の中でも「ワールドプレミア」は当初評価が低かった。
とても野心的な作品なのだろうとは思ったが、寓話的なスタイルや、感情移入を拒むような登場人物達等、もともと反倫理的なカラーと合わせて、あまりにも観客を突き放す作り方であり、「この方向は行き詰まる」と批判した記憶がある。

その後、「地下室」では処女作をグレードUPした内容で好評を博した。
そして最新作「シフト」なのだが、ここで再び、「ワールドプレミア」で登場した要素を部分的に再登場させ、今度はうまく着地できた、、、と言うのが俺の見立てである。

よって、今となっては実は「ワールドプレミア」が4作品中の最重要作品だと思われるのだ。



ワールドプレミア 一人称問題
posted by めたろう at 02:46| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

松井周 サンプル@ 「通過」

また冬の更新が滞ってしまいました。
4月だよもう、、、。

再開1回目は、劇団「青年団」所属の役者・劇作家・演出家である「松井周」に関してです。
以下、ですます調から、である調へ切り替え。


青年団の松井周が、劇作家、演出家として4作目の作品、
そして自前の集団「サンプル」の第一弾作品として
「シフト」
を発表した。前作「地下室」にも増しての好評を博してる様で、
まずはめでたい。

松井周は、大学劇研時代の一年後輩で、同時期の劇研関係者には他にも小劇場の世界に留まる人もいるが、サインを貰っといて将来真に価値が出るのはこの男くらいのものだ。

「青年団」という小劇場界の最前衛に10年もの間踏みとどまった上に、
「ポスト青年団」を標榜する、なぞと言う狂気の沙汰を実践しておる訳で、羨ましくねたましく、そして誇らしい後輩なのであります。

これまで何度か「ブログに劇評書くわ」とか言いながら、一遍も書いてないのは、偏に俺の怠惰に他ならぬ訳で、この場を借りて深くお詫び申し上げる次第。
ただ、言い訳させて頂ければ、過去にこのブログで、
「知り合いのバンドについて昔話を書いたら怒られて記事削除」の憂き目に会ったりしており、極力第三者として書かねばならぬと思うとメンドクサくなってしまう、という事があったのだ。

なので、今回は端から知り合いである事を明示した上で、昔話も交えて記事を書いてみようと思う。その上で本人にチェックを入れてもらうことにしよう。
そして出来れば、2作目「ワールドプレミア」について思い出せる範囲で書いてみたい。



まず、これまでの松井作品に関するおさらい。
posted by めたろう at 23:19| 埼玉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

ゴキブリコンビナート新作

ゴキブリコンビナート
http://home.interlink.or.jp/~an-an/frameset.html

一年ぶりの公演を見に新宿タイニィアリスへ。続きを読む
posted by めたろう at 10:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月18日

下北沢OFFOFFシアターで知り合い芝居

フラフーパーとUNIT-フルフル

下北沢OFFOFFシアターで、フラフーパー「何かのプレイ」を見た。知り合い絡み。
奇しくも、同じく知り合い絡みで先月末に観た、UNIT-フルフル「此処にいるはずの無い私」もOFFOFFシアターでの上演であった。
両者をリンクさせてレビューしてみよう。



●両者の共通点は「方言」「姉妹の会話」
posted by めたろう at 23:11| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月17日

クロム舎「暗い日曜日」

GW旅行記は今しばらくお待ちください。
先行して5/8(日)付で観劇して来た知り合いの「クロム舎」の芝居に関する記事。
以前「エターナルサンシャイン」の記事でジムキャリー似だと紹介した、西山聡君率いる劇団です。ただし今回は西山君の出演はありませんでした。

あらすじ等は公式HP
http://kuromusya.web.infoseek.co.jp/index_1.html
またはググる等して確認下さい。

以下は、感想メールの要約となります。
知り合いなので、個別の役者等への言及が多かったり馴れ馴れしいのはご容赦。また、未見の方には不親切な内容です。


「暗い日曜日」感想
posted by めたろう at 23:11| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月30日

Playing unit 4989 「池田屋チェックイン」

知り合い出演の Playing unit 4989 「池田屋チェックイン」を三軒茶屋シアタートラムへ。

うーーむ。前作「七人のドッペル」はかなりいけてるシチュエーション・コメディであったのだが。今回は、、、、。
知り合いを含め、出演者のレベルは相当高く、衣装、照明、音響、脚本、共に一定以上であった。
が、一行レビュー
http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/itigyo/itigyo.cgi?ln=40&sn=1&cn=1000
で、指摘があった通り、「パーツは良いのに全体として間延び」した様に思えた。

間延びの原因は、大きくなった劇場への対応が不十分だった為と想定される。
素舞台に近い装置、二階座敷と玄関の配置、人の移動を見せる演出、アレで良かったのか?
劇場を広く使おうと意識して、客の感情移入の手がかりを散漫にしてしまったので無いだろうか?

以前トラムで 青年団「ソウル市民」を観た事がある。駒場アゴラ劇場という小さい場所での上演を前提とした設計の作品にも関わらず、トラムの舞台に合わせる事に成功していた。
その時、青年団が取った戦略は、「舞台を小さく限定して、客の視点を移動させない」というものだった。

今回、「池田屋チェックイン」は「立ち回りを使わずに池田屋事件を描く」コンセプトを打ち出している。であれば、劇場を広く使う事に囚われず、一幕物を骨格とし、劇場を狭く使う事を考えても良かったのでは無いか。
場合によっては、例えば宿の主人の側から顛末を狂言回しする様な、脚本の大改造、再構築を行っても、劇場とのマッチングを考慮して欲しかった。

劇場を広く使おうとして、全体の印象が散漫になり、劇場のカラーに飲まれた、という事では無いだろうか。前作と比してプロデュース、演出、舞台装置、各班の失点大と言わざるを得ない。
サイズは王子小劇場ならぴったりか、、、。

一方役者陣の頑張りは瞠目すべきレベル。
宿の3人、坂本竜馬関係のの3人、長州の2人、桂小五郎組の3人そして新撰組の面々。
捨てキャラがいない、高レベルの役者が集まったと思う。
が、それも凶と出たのではないか?やはり散漫なのだ。
人間関係でも、観客が誰を軸として見てゆくべきか、判り難いのである。
中盤以降、竜馬とその姉が登場して話が動きだすまでの、軸が不在の序盤の展開は、やはり間のびして感じられる。

小劇場作品の、中規模劇場への移植の難しさを改めて感じさせられた作品だった。
posted by めたろう at 01:53| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

クロカミショウネン18「サーモン大使館」

最近、再び知り合い以外の芝居を見に行く機会が増えたが、この「クロカミショウネン18」もその一つ。と言ってもそもそもは知り合いが客演した前々回公演「レンタル。」を見に行って、徹底的に構成されたシチュエーションコメディの面白さに魅せられたからであるのだが。

クロカミショウネン18HP
http://www.ne.jp/asahi/ket/nappu/ks18

ここの特徴は
・複数の出入り口を持つ部屋が舞台で出入り口の外にそれぞれ(架空の)空間があって、事件が起きる場合がある
・ホストになるグループ(仕掛け側)が、複数の別グループとやり取りをする。それぞれが事件、事情をもって登場する。
・状況的に追い詰められた人々(主にホストグループ)が、仕掛け人となり、複数のグループを同時に騙す為のイベント(葬式、記者会見、結納式等、式次第のあるイベント)を行う
・イベントにおいて一人二役や、実際の役割からズレた役回りを演じたりする
・例えば結納式で、グループAからは娘の結婚相手、グループBからは娘の兄で付き添い、といった2つ以上の役割を一人の人間が演じたりする「騙し」がある

基本的には「グランドホテル方式」になるのだろうか。そこに毎回コンゲーム(詐欺)の要素が入るのである。
導入から伏線が張られ、状況的にがんじがらめのホスト側が、強引にイベントを仕掛けて、どうにか状況をごまかし乗り切ろうと奮闘するのが見どころ。
「そんな馬鹿な」と突っ込みつつ笑わざるを得ないようなあの手この手で状況を乗り切ってゆく。

今回の「サーモン大使館」は彼らの2作目の再演であり、正直言って前回「モザイク。」前々回「レンタル。」よりは、まだ構成は粗いところがある。
その分、日本の大使館(外務省)への批評や、大使館内の人間関係、小ネタ等、より間口の広い笑いの要素がちりばめられている。が、その分そのすべてが中途半端にも感じられる。
その後の作品で、より構成の面白さに着眼した方向にシフトしていった事が伺える。

この劇団は、会場の王子小劇場のつながりが深く、これまでの7作品すべて王子小劇場で上演されてきた。上記シチュエーションコメディの成立も、広い空間にしっかりした舞台美術を作る事で支えられてきたのだと思う。
今回、王子小劇場を卒業する事になったとの事で、卒業公演の位置づけらしいが、今後は劇場も変わり、芝居の方向性も変わってくるだろうか。

次回作品で、今後も見に行くかが決まってくるだろう。



posted by めたろう at 21:31| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月28日

浅草演芸ホールに行ってきた

職場の同僚の爺さんから、浅草演芸ホールのタダ券貰って、以前から寄席に行きたがってた友人と野郎二人連れ、27日の日曜夜の部を見てきましたよ。

まず、日曜夕方の浅草の人出にビックリ。何かイベントでもあったのか。いつもあんなに混むのかな?去年、GWに行った時はそうでもなかったのですが。
で、演芸ホール前に長蛇の列でまたビックリ。無論我々同様のタダ券組も多かったようですが、通常客の1階、二階桟敷、も大入りで、タダ券中心の二階は立ち見がでる盛況ぶりで、目出度い事ではりましたが、もっと空いている筈と多寡をくくっていたので少々あわてました。
さすがに、中高年以上が中心でしたが、若者、子どももチラホラと。
演者の皆さんも大変気分良く演じられた様で、皆繰り返し、「今日は大入りで」と感謝の意を述べてましたな。




詳細感想
posted by めたろう at 22:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

Oi−SCALE 「モデルガン」A・Bバージョン

先週の土曜日曜は、偶然同じ芝居に、別ルートの知り合いが2名でて、しかもトリプルキャストの別チームに分かれていた為、二日連続して同じ話の別バージョンをみる事に。

Oi−SCALE 「モデルガン」A・Bバージョン
http://www.oi-scale.com/model-gun/model_fs.html

音響、照明などに凝りまくり、演劇にしか出来ない事を追求した実験作で、俺としては好意をもったものの、内容のダークさ、そして台詞で社会への不満を正面切って言ってしまうような部分にはやはり抵抗を覚えた。
かなり評価は割れたようだ。

一行レビュー
http://dx.sakura.ne.jp/~nnn/play/itigyo/itigyo.cgi
で検索いただきたい。

以下はAチーム側に出ていた知り合いに宛てた感想の要約。
コレだけでは判りにくいかもしれんが、補足する気なし。


続きを読む
posted by めたろう at 23:43| 埼玉 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和倉雲平

ようやく先週の知り合いイベント三連投について。

まずはドラッグクイーンユニットの「和倉雲平」in 吉祥寺スターパインズカフェ続きを読む
posted by めたろう at 22:49| 埼玉 ⛄| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。