2005年06月06日

斜頸そのA 整形外科に行ってみた。が。

先日、先天性斜頸に関しての記事を書いた。
整体師さんにいろいろ言われて不安になり、もう少しいろんな情報を集めてみようと思い立ったのだが、、、、、。
まずは「先天性斜頸」でググってみた場合、最も記事が充実していると思われるHP
「ほっしーの隠れ家」
http://kakurega.cc/kinseisyakei2.htm
をご覧頂きたい。

管理人ほっしー様が述べられているように、現時点では(少なくとも)ネット上にはマトモな斜頸に関する情報ページは上記ページを除き存在していないようだ。
これは、「先天性筋性斜頸」が殆どの場合乳児期のうちに自然治癒するものだかららしい。
彼によれば、自然治癒せずに成長し、より後の段階で問題の筋肉の全摘出手術で対応する必要のある患者の発生率はニ万人に一人、日本の人口を約一億二千万として約六千人程度と言う事だ。
これは少ない。俺が想定していたのよりはるかに珍しい病気だったのだ。

更に、俺自身もそうであるが、全摘出手術後、しかるべきリハビリマッサージなど理学的処置を行うと、日常生活での問題はほぼ無いに等しくなる。よって整形外科的な見地からすれば完治したことになるから、追跡調査、検診などを特に受けた事も無い。
これは想像であるが、おそらく、手術後日常生活に復帰した患者に関しての追跡調査研究と言うものは存在してないのでは無かろうか。
上記の発生数が正しいとすれば、研究対象としてはあまりにマイナーな上、実施も困難だと想定されるからである。

これは厄介だ。
俺の様に、職業として上半身の筋肉に負担のかかる工員なんてものを選んだ人間は更に少ないのでは無いか。
現在の、重量物を持ち上げ、パイプの締め込みと言った特定の筋肉に負担大の作業をこの先日常的に続けられるのか?という疑問に答えてくれそうな相手は今のところいない。

工員になる前、これまでに数回整形外科に相談した事はあったが、いずれの場合も「失われた筋の分は他の筋肉で補強されているので問題ない」でスルーされてしまった。左右のバランスの矯正に関して、対処法を示してもらえたのは今回の整体師さんがはじめてだったのだ。

この件に関し、かつて手術にまで踏み切った諸々の対応は当然の事ながら実家の母親が中心になって進められた。そこでまずは母親に相談してみたが。
約20年前の事であり、当時の手術担当医は地方病院への大学からの出向者であったから当然連絡は取れない。
後はやはり、リハビリ対応する整形外科に相談するのが第一だろうというので、現住所近くの整形外科を探す事を勧められた。

でまぁ4日の土曜日に隣町の整形外科に行った訳だが、、、、。これがまぁ散々であった。





ついてない時はこんなもの
posted by めたろう at 23:13| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斜頸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月13日

整体に行った

GW小旅行関連の記事は中断して、その旅行中に右足を痛めた話。

まず。そもそも俺は先天性の筋性斜頸であった。
で、中2の時、問題のおきた右側の「胸鎖乳突筋」(?で厳密にあっているかどうかは不明)を切除している。
その後、リハビリマッサージを経て、特に日常生活において支障は無い状況が続き、ここ1年半、工員として働いているがまぁ特に問題は無くここまで来ていたわけだが。

以下、友人の掲示板への書き込みより転載。


(GWに)飯田の動物園に行った時、段差に気づかず右足を挫くように2回連続で転んでしまった。そのときは問題なかったのに、6日に出勤した後、右太ももが痛み出した。その夜、風呂でマッサージなどし、右足に負担掛けないように寝る姿勢も気をつけて寝たのだが。
翌日7日朝、今度は尻の上辺りの背筋が重く痛み出し、しゃがんだりし辛くなった。この日は土曜出勤日。動けない程では無いのでそのまま出勤。
職場では、ヘルニヤ等の恐れに関して脅される。とりあえず夕方までにはマシな状況に。
翌日曜、腰の痛みは無くなるが右足の痛みが戻る。どうも筋肉痛らしい。夜、近所の日帰り温泉施設に行き、ついでにマッサージを受ける。
で、今日、整体へ行った。

整体での見立ては、ヘルニヤなどではないものの、例の筋性斜頸の後遺症により、背骨は腰辺りで反時計周りに回転傾向にあり、腰および肩付近の筋肉は平行でなく、それらの最大要因である、腰周りの背筋の発達比率は、なんと左右で8:2位であるという歪みっぷりであるそうだ。つまり殆ど左半身のみで身体を支えているらしい。

とりあえず、左右のバランスの矯正を行っていただく。
で、今後の右半身の鍛え方を相談すると、ウオーキングをすべきとの事。

これまでこの問題に関する相談相手がいなかったので、理にかなった説明に目から鱗の落ちるがごとく感服つかまつった次第。

バカにしていたが、ウォーキング、始めることに致します。


以上が月曜の書き込みである。
その後、徐々に痛みは引きつつあるが、立ち仕事なので夕方が近づくと足や腰が張る感じが続いている。
に、しても左右の背筋比率が8:2というのは、少々ショックだ。
今年は、この「体のバランスの矯正」「ウォーキング」が課題になりそうだ。
どうも、現在の職に関しても長期的には少し考えねばならんかと考えている。




5/24 追記
posted by めたろう at 21:04| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 斜頸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。