2006年08月22日

時をかける少女とゲド戦記の共通性

まとまりませんが友人に出したメールを元に、問題の両作品の比較行ってみます。
まずは共通点から。

そもそも俺が、「ゲド」の問題点を概ね認めながら、擁護する根拠にしようと考えていたのは、その社会性というか、ああいう現状認識、問題意識の提示(というか明示)をやった事に対する共感だったわけですが、
「時かけ」において暗示された裏テーマ的なものも、ほぼ同じものであったように感じました。

陳腐ですが、現状に対する絶望感と、それに対してどう抗ってゆくのか?てな事ですね。

両作品とも、そういう時代性みたいな点が共通していて、同時多発的にそうしたテーマが扱われた事は、世の中の煮詰まり感が更に進行している、って事なんでしょうし、何より、我々のちょっと先輩くらいの世代(細田守と宮崎吾郎ってほぼ同年代だよな?)の世界観が、公に表現される様になったかと思うと感慨深いです。
ネタバレ傾向注意
posted by めたろう at 01:40| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

アーシュラ・ル・グイン激怒

うーむ。「時をかける少女」を見に行った事によって、「ゲド戦記」擁護の姿勢から変化しつつあるので、両者の比較から見直す記事を書こうと思っていたが、
14日付の「ゲド戦記」原作者ル・グインのコメントが激怒モードであった為、躊躇せざるをえなくなった。

http://www.ursulakleguin.com/GedoSenkiResponse.html

どうも批判、逆に褒めてる点も含めて、日本国内でのそれと大差無い様だなぁ。
ともあれ、これで批判一辺倒の状況が決定的になった。
ワシャ今回も勇み足であったのか?
とにかくこのコメントも踏まえて記事ねりなおしだな。



続きを読む
posted by めたろう at 07:36| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

宮崎吾郎、「愚直」の漢

「ゲド戦記」を見てきました。
観る人を選ぶ様なので、「コレは!」と思う人に勧めたい映画ですが、
自分としては、観た後に姿勢を正したくなる様な、
自分の怠惰を恥じて、自分に出来る事を考えさせられる、
そんな大切な一本になりました。

久しぶりに興奮し、公式HPや知り合いの掲示板へ行って長文を投下。
ブログも更新する気になりました。
またしてもアチコチに書き散らした長文の纏めなので取りとめが無いのですが、記録として残しておきます。

長文多謝
posted by めたろう at 22:40| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

保守

更新の滞りも度を越しておるな。

映画「RIZE」や「有頂天ホテル」の感想とか、斜頸に関連して、理学療法で背筋を鍛え始めたりとか、ネタはあるけど意欲はわかないのだった、、。

ホントに猫みたいにコタツで丸くなってばかりいる。
もう少し暖かくなったらば、、、。
posted by めたろう at 23:16| 埼玉 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

キングコング、人生の慰めとしての正統

ブログ放置も2ヶ月に及び、再開の目処もはっきりしませんが、冬休みと言う事でやって参りました。

キングコングのリメイク、素晴しい作品で御座いました。自信をもってオススメできる傑作です。
が、客の入りは今一つ。悲しい事であります。3時間強の時間に臆せず、今こそご覧になるべき名作です。

というわけで、口コミでの広がりを祈念して、久しぶりに大袈裟な賛辞を連ねてみようと思います。

1/23追記
やっとADSLがつながったので、追記部分で「ハリーハウゼン」と書いてしまったのを「オブライエン」に訂正、、、。恥ずかしい。見世物としての映画への賛辞
posted by めたろう at 09:47| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

貸家探しの続き

間が空いたが、アパート探しの続き。

3軒目の不動産屋に紹介された¥55000の一戸建貸家は、いずれも大きすぎて一人では住めないと思われたので、2軒目で内見が出来なかった、小さめの一戸建貸家¥50000に期待する事にし、翌週の予約を入れて、その日は帰ったのだった、、、、。
続きを読む
posted by めたろう at 08:15| 埼玉 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

一戸建でいこう!

(これまでのあらすじ)
急に引越しを思い立った俺は、隣町で安ーーいボロ借家なぞ見て回るが当然、これはと言うのは無し。2件目の不動産屋で2階建で一戸建貸家というのをハケーンしたものの、内見出来ずにガックシ。

続きを読む
posted by めたろう at 22:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

引越するぞ

先週の日曜、現在住んでる埼玉北部¥50000のアパートが、年末の更新で¥55000に値上がりする旨通告が来たので、物件探しを始めることにした。
更新費+手数料で¥88000強。加えて+(¥5000×24=¥120000)で計20万ちょいの額と比較しての初期費用に収まる物件。
この際引越し費用は無視して、これまで会社から近すぎた反省と、交通の便を良くする狙いで、これまで住んでた、田んぼの中のアパートから、隣町の駅周辺を探すことにする。
続きを読む
posted by めたろう at 23:05| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

忘れた頃にやってくる、、、。

まるっきりやる気を無くして、もはや友人にも「復活しないのか?」と聞かれなくなった当ブログであるが、ここに2ヶ月ぶりの復活を宣言する、、、。

と言いたいところであるが、現在も、書けなくなった原因である、職場での困難は改善していない。
気の向いた時に更新される事であろう。
posted by めたろう at 21:19| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

愛の流刑地、映画化!

昨日の記事の後、ネットで「愛の流刑地」の情報を見て回っていたら、なんと早くも東宝が鈴木京花で映画化の記事が(爆

何を考えておるのやら。
このネタ小説の面白さは、日経文化面にコレが載り続けている、という現象そのものの面白さなんだがなぁ。
日経文化部の悪趣味ぶり(明らかに渡辺淳一に対する悪意から連載してるとしか思えん)とか、開き直る渡辺淳一自身の心象を想像するのが面白いのに。

鈴木京花ファンは悲鳴を上げている様だが、俺は「戦国自衛隊1574」であまり良いイメージが無いので、どうでも良い。

映画化にあたっては、2時間ドラマのごとき、どうでも良いキレイキレイなシーンとかは極力控え、
尺の90%までをポルノで埋め尽くし
「東宝がココまで!」というスキャンダル路線、センセーショナリズムで売っていた頂きたいものである。

または、渡辺淳一御大ご本人による「実録愛の流刑地」でも良いぞ。
さぞかし面白いメタ映画になるじゃろて。
posted by めたろう at 20:56| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ばか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。